Lokinikki ~フリースドッグと黒い猫~(羊毛フェルトの犬猫ぐるみ)

lokinikki.exblog.jp
ブログトップ

美味しい草栽培計画 


そういえば最近、会社から帰って見る度にヴァルが大きくなってるように気がして
体重を量ってみた。
うちに来た頃が1kgちょいくらい? 
計測後はJust 2kgだったので約ひと月で倍近く大きくなってることに・・・( ̄□ ̄;)!!
は、早い。。。
e0096720_21334172.jpg

まぁ寝る子は育つと云うからね。



以前ロキの子猫時代にキトン(子猫専用フード)をあげてたら
みるみる横幅が広がって今に至る土台を作ってしまったので(泣)
ヴァルには標準フードをあげています。
うちであげているのは
ENOVA EVO CAT というお肉100%のフード。
ロキのキトンから切り替えてから体重も落ち着いてるので以来ずっとこれ。
ただ、このフードには穀物が一切入ってないので毛玉ケアや胃腸の様子も考えて
時々キャット・グラス(猫草)を買って与えているのですが
猫草というのはあっという間に育ち、あっという間に枯れてしまう。
魚で云うと足が速いというか・・・元気なのは一週間くらいで
その後急速に萎えてきて、穂先が茶色く枯れてくると横にくたっと倒れて
最早鮮度ゼロ。 猫もがっかり。
e0096720_21341671.jpg

↑お水をあげても、日に当ててもこんな風にヘナヘナっとなってしまうものらしい。
うちでは保って2週間。

ロキはそれほど猫草に執着しないのだけれど
ヴァルが猫草が大好物なので常備したいのだが
これ毎回買い換えるのも、安いとはいえ仲々馬鹿にならない。
この不況とエコ精神もあいまってそれなら!と自家栽培してみることに。

まず植木鉢と土と種を用意。
e0096720_21384072.jpg

種は燕麦を使います。 燕麦はイネ科・カラスムギ属の穀物で
馬の飼料や人の食料(オートミール等)に使われるので猫意外にも犬だってok!
時々、うっすら赤く色のついたものが売られていますがこれは農薬等が使われているので
要注意!とのこと。

燕麦を手に入れたら、水に3~4時間浸しておく。
土はバーミキュライトを鉢7分目まで入れ、浸した燕麦をその上に広げます。 
e0096720_2136304.jpg



燕麦の上にバーミキュライトを撒いたほうがいいのでは? 
う~ん、どうでしょう。 関係ない気がするので私はこのままです。
最初はバーミキュライトにたっぷりと水を吸わせて(下穴から出るくらい)、
温かい場所で日光を遮り(黒い布で蓋をしたり)2~3日放置。気温が低いと芽が出にくいようですが室内の比較的温かい場所に置いておけば
一週間以内で発芽すると思います。
e0096720_235648.jpg

こんな感じにニョキニョキ芽が出てきたら、覆いを取って温かい半日陰に置き
時々霧吹きでお水を上げれば元気に育っていくのだ! 

 
数日後、順調に成長を続ける燕麦たち。
e0096720_21412444.jpg


しかしよ~く見ると既に穂先は食い切られております・・・
e0096720_273940.jpg


犯人はこのお方。
e0096720_282333.jpg

伸びるそばから食い尽くす食欲もバッタ並み…(^^;
新鮮な草は美味しいのよねきっと。 ということで成長中の草が食べられてる間に
次の鉢を用意して更に栽培開始(笑)
こうしてローテーションで回していけばいつでも新鮮で美味しい草が常備できるというワケです。
ヴァルを見てると、食後や遊んだ後なんかにしゃりしゃりやってるので
デザートとかおやつみたいなものなんでしょう。

何にしても猫が幸せなら私も幸せ♪ 美味しい草を沢山食べて元気でいてね。

燕麦どっさり買いました・・・欲しい方、お分けします(笑)

ひとつよろしく<(_ _)>
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
---------------------------------------------------

【Cat's meow】
羊毛オーダー・ショップへgo
 ←サイトはこちら 
----------------
[PR]
by lokinikki | 2008-10-22 02:19 | うちの猫